一時預かりしている里親募集中の子たちの日記

どんちゃん 2009年12月14日~
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクア・さっちゃん 3/27
2008年03月27日 (木) | 編集 |
昨日アクア・さっちゃん・卒業犬幸姫を連れてドッグサルベーションさんに行ってきました。
ショートステイ中だったたんたんの実家の豆柴りゅうくんを先に送ってから行ったので、助手席にりゅうくん(キャリー)、2列目に私、幸姫。3列目にさっちゃん。
アクアは私が膝に抱いていたのですがしばらくすると「ワタシひとりで寝たいわ?」な感じのアクアを3列目さっちゃんの横に座らせたらすぐさま丸くなって寝だしました。
一度寝だしたら良く寝る良く寝る・・・たんたんの
実家前で止まっている間バク睡でした。
さっちゃんはというと、はじめのうちは「ドコいくんですかね??」といった感じで座って様子を見ていましたがしばらくするとこちらも可愛く丸くなって寝ていました。
アクアとさっちゃん、並んで寝ている姿が可愛くて写真を撮りましたが、さっちゃんが前の位置にいたことやアクアの顔が小さいこともあり・・・「なんだかさっちゃんの顔が大きく写っています」(遠近法です!)
アクアやちび隊長などと写真に写るとすごく大きく見えるようですが、15キロくらいの中型犬ちゃんです?。

【アクアとさっちゃん<遠近法でさっちゃん大きく見えます>】
ゴハン食べて車に乗っても車酔いはありません。どこでも一緒にお出かけできます。
さて、シェルターであちこちに声をかけて集めた新聞紙を下し、しばらく運動場でアクア・さっちゃん・幸姫もウロウロ。
元気な姿を見ていただきました。そしてアクア用にとご支援いただきましたa/d缶などをいただいてきました。

「アクアにご支援物資をお送りくださいました皆様本当にありがとうございます。毎日連続では食べない贅沢アクアですが、隔日であげると喜んで食べます。アクアが少しでも太れるように頑張りますのでこれからもよろしくお願いいたします。本当にありがとうございました。」

シェルターを後にしてDSVさんの指定動物病院にアクアの検診に行きました。
さっちゃんは車の中でおりこうに待っていてくれますが、幸姫は「絶対ムリ!!」(笑)なので、アクアの付き添いで病院内へ。
時間が早かったのもありすぐに呼んでもらえました。
アクア、体重10.25キロ。今は以前に比べるとしっかり食べているのですが太れずやせています。
12キロくらいまで太ってもいいということでした。
足腰も心配でレントゲンも撮っていただいたのですが・・「アクアさん、年より若いきれいな骨をしていました?」
子宮に何かあると影が写るそうなんですが、アクアは何も写ってなくて「今の所大丈夫そうですね」とのお言葉いただきました。
血液検査の結果も想像していたよりずっと良いものでした。
白血球も赤血球も正常値。正常値オーバーはALPとCREの2つ。
ALPは腎臓の数値で正常値20?155でアクアは176。
CREは腎臓の数値で正常値0.5?1.5でアクアは1.8。
(腎臓のもう一つのBUNは正常値4.5?30.5でアクアは24の正常値内)
肝臓は年齢が上がると悪くなりやすいのと、長年の食習慣のお話もしたので「それもあるでしょうね?」という事でした。
腎臓もやはり年齢が上がると悪くなりやすく、悪くなると良くなりにくい臓器。
幸姫の状態もお話し、腎不全についても説明してくださいました。
幸姫は一時BUNが120越えたと話すと先生は「え?!」と驚いておられました。
やはり腎不全の治療は皮下点滴と療法食だそうです。
結果的には腎臓の数値は今後定期的に様子を見た方がいいでしょうということでしたが、今すぐどうこうということではありませんでした。
アクアの好きなa/d缶やp/d缶も毎日でなければ食べて大丈夫とおっしゃっていただけました。
その他の食事は幸姫用に腎臓用フードをいろいろ買っているのでアクアにもあげたらいいし・・というか今もあげていますからこれでOKということですね。

総合的には「年齢より若くて元気なおばあちゃん」ということになりました。
先生も「15歳と聞いたからどんな老犬かと思ったらびっくりした」とおっしゃってました。
この一年、初めは「ブリやマグロの刺身、とんかつ」しか食べなかったアクアですが、試行錯誤してようやく犬用フードや食事を食べるようになってくれて本当に良かったと思いました。
あのままの食生活を続けていたらもっと悪かったのは間違いないでしょうから。
今回のメディカルチェックはアクアの今後にとってとても有意義なものでした。
これから注意するところを注意しながら「楽しいおいしい生活」をしてほしいと思います。

数値が高いのも幸姫に比べるとそう悪くありません。
幸姫の去年末の数値は「ALPが431、BUNが121、CREが1.4」(点滴している今でALP148、BUNが30?50の間をウロウロ、CREが0.8)ですから!!

さて、ワクチン接種ですが、DSVさんともメディカルチェックして先生が「打ちましょう」と言われたら接種というお話だったのですが、先生は今のアクアの生活環境を聞かれ「それならば年齢もあるし打たなくてもいいでしょう」とおっしゃられたので打ちませんでした。
幸姫がワクチン数日後の体調を崩したことが記憶に強く心配でもありましたのでこちらもほっとしました。

帰りの車ではアクアもさっちゃんも「寝る寝る」とてもよく寝ていました。
(絶対寝ない幸姫までがはじめて自分で横になって・・というか車の揺れでコケてそのまま寝ました)
大きな溝蓋ジャンプやハイジャンプはしない方がいいそうですが、普通の散歩は全然OKなアクア、今日もさっちゃんに負けず元気に歩いていました。
さっちゃんも昨日の疲れはどこへやら・・庭でオスワリして「猫さん拝見いたします」をやっていました。

幸姫の元気な様子も先生に見ていただき「普通の家庭犬になったね?太ったね?ガリガリやったのに?」
「また写真楽しみにしてるよ?」と言っていただきました。

さあ、アクア・さっちゃん、しっかり食べて元気に楽しく過ごそうね?!!

アクアちゃん、さっちゃんについてのお問い合わせはドッグサルベーションさんにお願いします。
 
さっちゃん、アクアちゃんはドッグサルベーションさんからの一時預かりです。

スポンサーサイト
アクア・さっちゃん 3/25
2008年03月25日 (火) | 編集 |
書きたい事はいろいろあるのですが、今はその時ではないと思うので時期がきたらそれを書きたいと思います。

さて、我が家の預かりっコたちは元気です。
今日はお天気も良かったので久々の「シャンプー大会」で、6匹シャンプーしました。
メンバーは我が家の「ぷー・ちび・ロビン」預かりっコの「アクア・さっちゃん」ショートステイ中の「りゅう」・・・かなり悩んだのですが幸姫は今回は見送り、シャンプー免除としました。
(元気ですよ、次回は参加予定です)
さっちゃんはお風呂場に連れて行くと「シャンプーですか?エンリョしたいと思います」みたいな感じなのですが、だからと言って嫌がって暴れるわけでもなく誘導すればお風呂場にも入ります。
シャワーをかけても大人しくしててくれるので一人で余裕でシャンプー出来ます。
我が家のコにはシャンプーは平気だけどドライヤー嫌いなコもいてそういう子(ぷーとか)はタオルドライで後は天日干し(自然乾燥ともいう)なのですが、預かりっコはドライヤーも経験です。
さっちゃんはドライヤーの音がこわいようで(掃除機も)若干びびった感じになりますが洗面所の隅でゆっくりあててあげると大人しくしています。
アクアはシャンプーどうしようかな?と思ったのですが結構庭でゴロンゴロンとかするので体も汚れてるだろうし、ワクチン接種したら当分は無理だし、ついでに洗っちゃえ?という事で勢いで洗っちゃいました。
ドライヤーはかなり嫌がるので一人では無理でタオルドライ後は天日干しとなりました。

【アクア】
シャンプー参加メンバーが天日干ししている間に室内の掃除、毛布や敷物の取替え・洗濯で大忙し。
洗濯したワンコシーツを干そうと玄関をあけたらその隙からササササ?と中に入ったアクア。
交換したての毛布ベッドでバク睡でした。
シャンプー後の体調が気になってたのですが、その後も体調に変化もなく非常に元気で夕方のお散歩では跳んでいました。
その他、7?80センチはあろうかという大きな溝蓋も毎回見事なジャンプで飛び越えるのには驚いています。
庭で歩いている時には後ろ足を引きずったり上げたりしていることもあるのですが、散歩中は犬が変わったようです。

さっちゃんはお庭が好きで掃除の後私が庭の草引きに勤しんでいる間も「天日干し」を楽しんでいました。
ショートステイ中の豆柴りゅうくんにも最初から友好的でした。
はじめは距離を置いて様子見みたいなところがありましたが、今日はお互いニオイ嗅ぎをしたり、少し遊びかけたりしていましたが・・・りゅう君は明日帰るのです。
外飼いのコで庭に一緒に出たときだけ会うので慣れた頃にお別れ、仕方ないですよね?。

【さっちゃん】
シャンプーの香りがするワンコ(期間限定?)アクアとさっちゃん、いい香りさせながら本当の家族になってくださる方からのお迎えを待っています。
よろしくお願いします。

【賢くお座りさっちゃん】

アクアちゃん、さっちゃんについてのお問い合わせはドッグサルベーションさんにお願いします。
 
さっちゃん、アクアちゃんはドッグサルベーションさんからの一時預かりです。

アクア・さっちゃん 3/20
2008年03月20日 (木) | 編集 |

【ぷーたろうの服を借りてみたアクア】
 
アクアが我が家に来て来月10日で1年・・預かり犬最長記録更新中です。
(預かり最長は猫のヴァイちゃんがまる2年)
保護されてから1年経つので今月末にはDSVさんの指定病院にメディカルチェックと問題がなければワクチン接種に連れて行く予定。
幸姫もこの病院で命を助けられ、その後も何度もお世話になったので行くときには一緒に連れて行って「病気と闘ってるけど元気」な様子を見ていただきたいと思っています。

さてアクアですが、去年の初めに「老犬になったから」という驚く理由で飼い主自らが保健所に持ち込んだ犬でした。
保健所の職員さんがすぐにDSVさんに連絡を入れてくださったお陰でアクアは「保健所の敷地には足を踏み入れたけど収容は免れた」のです。
「14歳の老犬、最期までDSVで看取る覚悟がなければ保護できない」とDSVさんが書いておられるとおり巣立ちが困難であろうこの子を保護するには相当の勇気と覚悟があったことでしょう。
老犬はほとんどご縁がない、そして医療費がかかる。
その期間とお金があれば若い犬を何匹も助けられる。
だから老犬には目を瞑って若い犬を助ける団体だってたくさんあります。
それでもDSVさんは覚悟の上アクアを助けてくれたのです。
そしてシェルターでの暮らしが始まりましたが、今まで「昼間は庭で夜は中で」という暮らしだったというアクアがシェルターで多数の犬と、それもケージでの生活となればストレスにならないはずがありません。
段々とケージの中で暴れるようになりました。
水皿やフード皿をひっくり返す、シーツをクチャクチャにする。
何十匹もの犬のお世話をたった一人でしなくてはならないことも多いのにアクアの後片付けが増える・・・フリーにしてみても置いてあるフードの袋を噛み千切ってフードがばら撒かれたり(食べるわけでもなくただ破るだけ)・・・やはり後片付けが大変。
これでは本当に多数の犬のお世話に支障がある、おまけにフードを食べなくてドンドン痩せてきているということで我が家で預かることになった。
まず里親さまとのご縁は難しいだろうと「DSVで看取る覚悟なので預かりにおいて支障が出れば引き取ります」といお言葉と共に我が家にやってきたアクア。
庭でみんなと初対面するもほとんど無反応で、玄関扉が開いているのを見つけるやトコトコと自分で家の中に入り室内を歩き回りワンコ布団を見つけてそこでさっそく寝始めた「ああ、布団で寝ることを知ってるんだ」と実感したものでした。
(サキは床でしか寝ませんでしたから)
 最初はとにかく食が一番悩みました。ドライもウエットも食べない。手作りも食べない。
食べるのは「パン、肉魚(それも牛すじとかブリとか脂の多いものやレバー・刺身)、豚カツやから揚げ・うなぎ」ミルクも「犬用はダメで普通の牛乳なら飲む」という完全に人の食べるものに慣れきったコでした。
 その後「やっぱり人のおかずをご飯の上にかけたものやパンを食べていた」ことが分かり「年も年だし、まずはこれ以上痩せないように食べるものを食べさせよう」とDSVさんと話して日替わりで刺身やレバー、ブリを食べる日々が始まりました。
食事を考えると憂鬱になるくらい大変(食費も大変)な日々でした・・・
 はじめは犬用のオヤツなど見向きもせず「人用の煎餅にはかぶりつく」アクアでしたが、この1年少しずつ少しずつ工夫・試していき、今ではブリや刺身などをあげることはありません。
ナチュバラやユカヌバなど数種のプレミアムフード・療法食のドライやウエット(a/d、b/d、ウォルサムの腎臓サポートやスペシフィックのckd、ckw)、手作りのローテーションです。
 カボチャやニンジンなど見向きもせず肉だけを選っていたアクアがカボチャはもちろんキャベツやキノコ・こんにゃくまで食べるようになった日の嬉しかったこと・・今でも忘れられません。
もちろん今でもパンは大好物ですが、犬用のオヤツも食べるようになりました。
お腹が空いているときなどは1度にドライを7?80グラム食べる時もあります。
1年前から考えると夢のようです。食に関してはほぼ普通の犬になりました。
 生活面でははじめは新しい環境で緊張もあったのでしょう。
ケージに入れても聞いていたほど暴れることもなかったのですが、日が経ち金魚のフンちゃんが激しくなるにつれケージに入れると暴れるようになりました。
他のコの散歩に行って戻ると玄関がグチャグチャになるようになりました。
ハンガーポールやスリッパラックが倒されたりもありました。
プラスチックの100均カゴが1?くらいの破片に破壊され、誤飲が危険でやはり目が届かないときはケージに入れるようにしたのですが益々行動が激しくなり、ケージの鍵の部分でさえ「アクア自慢のキレイな歯で破壊」されました。
アクアのウンチがケージの外に飛んでることもありました。
そして他のコの散歩中は庭に出していくようになりました。
アクアは庭が好きだしお互いの負担を軽減しながら道を探る日々でした。
それでも庭は丸見えでもあり不安なので、勝手口側の裏庭フリーに出来るよう裏に新しく門を作りました。
こちら側はブロックの高い塀なのでアクアがいるのが道路から全く見えないし、雨よけに屋根もあるしお日様もあたる、落ち着いて寝る寝床も置ける。
長時間になりそうな時はここでフリーならばアクアもストレスなく機嫌よく過ごせているようでした。

 
それでも冬になるとそうはいかず、2階の保護部屋(猫のヴァイちゃんがいた部屋)をアクアの部屋として夜と長時間のお留守番はここに入れるようにしました。
はじめは「出せ?出せ?」と大変でしたが、これも段々と慣れてきました。


今は朝まで大人しくこの部屋で寝ていますし、昼間は1階フリーで全く問題なし、2?3時間くらいならばフリーのままでお留守番しています。
「玄関から出かけたら玄関で暴れる」「勝手口から出かけたら勝手口前で暴れる」アクアでしたが、今は一切そういった行動はありません。
機嫌よくみんなとお留守番しています。「必ず帰ってくる」を理解したと共に精神的にも落ち着いてきたのでしょう。
当初ケージに入れたら朝でも昼でも30分でも「ウンチして踏みまくる」だったアクア、これは不安からくるストレスで一種の分離不安によるものでしょうが「病気として治療が必要な分離不安症」ではありませんでした。
我が家のちびがうちに来たときも破壊行動がおもらしや吠えとその内容は違うけれど分離不安気味でしたが落ち着きました。
もちろん病気として治療の必要なコもいますが、ちびもアクアも「思うように甘えられなかった環境から甘えられる環境になっての人への依存心から置いてかないでという気持ちが強いあまり」からのもので「いつもいてくれる、自分を置いていったりしない」が分かるようになると落ち着きました。
そして、以前のウンチ踏みと今のウンチ踏みは明らかに違います。
以前は上記の理由であったろう思われますが、今のアクアのウンチ踏みは「老犬に良くあるウンチ踏み」なのです。
「ケージに入れたから」とか「個室に入れたから」ではなく「ただウンチしたくなってした、ウロウロしてたら踏んじゃった」なのです。
普通犬は朝晩にウンチをすることが多いですが、老犬アクアの場合お腹の働きの関係かウンチが出るのが早朝なのです。
その時間までに個室から出せば踏みませんし、ウンチして踏まずに寝てることもあるのです。
先日は朝ぐっすり寝ていたのを起こし庭でおしっこした後、ゴミ出しに行く5分ほど玄関を閉めたところ帰宅するとリビング入り口のマットの上にウンチがあり踏まれていました。
アクアの足にはウンさんが・・。
ウンチしたくなり庭に出れないしと戻ってきたところで済ませ、ウロウロと一回りして戻ってきたところで踏んだ模様。
アクアは元気ですが、やはりこの1年でずいぶん老いました、足腰その他についても。
これは共に暮らした者でないと分からないかもしれません。
ウンチしたいと思ったら「即出る」なのです。
これはなにもアクアだけではなく「老犬ちゃんのブログ」で「ウンチ踏み踏み大会」はごく普通に開催されていますし、老犬をお世話されたことのある方ならばお分かりいただけると思います。
(もちろん人間のお年寄りでもそうです)
私も老犬の世話は始めてですので分からないことだけ、共に暮らし観察し、老犬さんのブログや本で勉強し「アクアの以前の問題行動は解消(お留守番中不安で破壊行動をすることもないのでフリーにしています。おしっこの失敗もありません。これは時と気持ちが大きく関係していると思います)、今のウンチ踏みはごく普通の老犬さんのウンチ踏みだと分かりました。
なので最近はすごく気楽になりました。
だってアクアのウンチ踏みは治るとか直すとかいう問題ではなく「それが今一生懸命生きている15歳の老犬アクア」なのです。
ウンチ踏みはしますが、トイレタイミングさえ見ていてやれば室内での失敗はおしっこもありません。
でもこれからやがておしっこの失敗や寝ウンチ・・いろいろ出てくるでしょう。
 元気でトイレも覚えたサキですら一度のお声・ご縁はありませんでした。
それくらい老犬を迎えようという方は少ないのです。
「サキちゃんだってやっぱり病気出たじゃない」という方もおられるでしょう。
でも私達夫婦は一度も幸姫を家族に迎えて後悔などしておりません。
それどころか病気が分かったときに「やっぱり幸姫はうちのコになる運命で間違いなかった」と確信しました。
それまでは心のどこかで「こんな元気な老犬なら他にもご縁があったのでは」と思っていたのです。
 だから「15歳の老犬アクア」のすべてを丸ごと愛して下さる方にアクアを愛して欲しい。
共に過ごせる時間は少ないかもしれませんが、どれほど濃密な時間であるか、これは経験した者しか分からないでしょう。
今この一瞬がどれほど愛しいものであるか、スヤスヤ眠る姿の愛しいこと。幸せなこと・・・。
 若い犬に比べて世間一般の基準から言えば「驚くほどのハンデ」があるアクアですが、ハンデと言われるものをハンデではなくアクアの個性として愛して下さる方にアクアを託せる日が来ることを可能性は低いかもしれませんがアクアと待ちたいと思います。
 
昨年、我が家から巣立ったドールちゃん
ちょうど1年経ちましたね。いつも楽しそうな様子でとても嬉しいです。
お誕生日おめでとう!!

アクアちゃん、さっちゃんについてのお問い合わせはドッグサルベーションさんにお願いします。
 
さっちゃん、アクアちゃんはドッグサルベーションさんからの一時預かりです。

アクア・さっちゃん 3/15
2008年03月15日 (土) | 編集 |
さっちゃん(もちろんアクアも!)里親さん、大募集中です。
どうかさっちゃんの(もちろんアクアも!)家族になっていただけませんか?
よろしくお願いいたします!!

【あたしの里親さんはどこかな??<さっちゃん>】


【あたしもよろしくね<アクア>】

アクアちゃん、さっちゃんについてのお問い合わせはドッグサルベーションさんにお願いします。
 
さっちゃん、アクアちゃんはドッグサルベーションさんからの一時預かりです。

アクア・さっちゃん 3/13
2008年03月13日 (木) | 編集 |
さっちゃん(もちろんアクアも!)里親さん、大募集中です。
どうかさっちゃんの(もちろんアクアも!)家族になっていただけませんか、よろしくお願いいたします。

【あたしの里親さんはどこかな??<さっちゃん>】


【あたしもよろしくね<アクア>】

アクアちゃん、さっちゃんについてのお問い合わせはドッグサルベーションさんにお願いします。
 
さっちゃん、アクアちゃんはドッグサルベーションさんからの一時預かりです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。